スリーボンドユニコム株式会社

シールド防水工事

シールド防水工事

地底深く掘進するシールド工事にとって、一番厄介なのは何といっても「水」でありましょう。そしてその厄介者の始末を、セグメント継手厚みの僅か10~50cm程度の距離間でやってしまおうとするのですから、自ずとシール材の選定は慎重を極めなければなりません。

我が国のシールド工法によるトンネル工事は、1966年(昭和41年)の営団地下鉄5号線の建設に始まっています。そのときスリーボンドはご指名を受け、シールド工事のセグメント継手防水としてはじめての経験をさせていただきました。

それから40年余、地下鉄、上・下水道はもちろん、電力、通信ケーブル、航空燃料パイプラインの敷設などシールド工事が大きく発展してきたなかにあって、スリーボンドユニコムもつねに新しい防水技術の開発に努めながら、数多くの実績を積んでまいりました。

ポリシーラ1000WTO

雨水幹線シールド

シールド図

水膨張シール材
ポリシーラー1000Wシリーズ

水膨張シール材はシールド工事におけるセグメント継手防水シールとして、研究と豊富な施工実績を生かして開発された、合成加硫ゴム系シール材です。

特長

  • セグメントの微少な動きや目開きがあっても、水膨張という特殊な機能により、高い防水性を保持します。
  • 地下水等に含まれるイオンの影響を受けにくく、水と同様に塩水・アルカリ水に対しても優れた止水性能を有します。
  • 長期にわたり膨張安定性がよく、耐久性に優れています。

詳しくはこちら

ポリシーラー

ポリシーラー

その他の関連製品

スリーシーラーS2

スリールーブ6001

スリーシールパッキン

スリーセメント#1100

スリールーブ

ロンジーパテF-197N2

ポリシーラー2000W

ロンジーメントQ-160

ロンジーメントE202

袋貼りセグメント
Eバッグ工法

Eバッグ工法は、シールドの急曲線部の線形を保持して安定した掘進を維持することを目的に開発された工法で、事前に計画がない場合でも容易に急曲線対応を可能にします。

特長

  • 鋼製、コンクリート製他のすべてのセグメントに適用します。
  • Eバッグと特殊シートによって短時間で施工が可能。
  • 準備期間が短く、セグメントの加工が不要なため経済的です。

詳しくはこちら

袋貼りセグメント Eバッグ工法