スリーボンドユニコム株式会社

概要・特長

帯電防止床材

パースフロアーE-700シリーズ

静電気によるトラブルを解消

パースフロアーは、歩行などによって発生する静電気が原因となって起こる、あらゆる障害を未然に防止することを目的に開発されたエポキシ樹脂を主成分とする帯電防止用床材料です。電気、電子、半導体部品を扱う工場や、病院の手術室・集中治療室など、静電気によるホコリを嫌う設備の床材として採用されています。また、合成紙やプラスチックなどの帯電防止塗料としてもその効果を発揮します。

パースフロアー E-700シリーズ の特長

発生電位は通常のエポキシ樹脂床のわずか1%のため、コンピュータールームやクリーンルームなどの床材として優れた帯電防止性能を発揮します。

施工後の導電値が安定しており、経年変化がほとんどないため、電子部品の保管容器、運搬用容器などの帯電防止塗料に適しています。

耐摩耗性、耐油性、耐薬品性に優れているので、溶剤、危険物を扱う工場の床材に適しています。

パースフロアーE-771は、厚塗りが可能で平滑で光沢のある床に仕上がります。

パースフロアーE-762は、低粘度でローラーによる施工が可能なので作業性に優れています。

パースフロアーE-762は、導電プライマーが不要なので工期が短縮できるほか、過去に施工した床の再塗装や補修が簡単に行えます。

mark